ブランド財布のお手入れ方法

 ブランド財布の品質をなるべく長持ちさせる方法は、日々のお手入れです。

 

革財布、パテントレザーの財布、キャンバス地の財布などと、素材によってお手入れ方法は様々です。

 

こちらでは、定番の革財布のお手入れを中心に、色々な素材のブランド財布のお手入れ方法をご紹介いたします。

 

 

ブランドの革財布を購入した時にすぐしていただきたいお手入れ

 

 新品でブランドの革財布を購入した場合、早く使いたいからと言ってすぐに財布の中身を移し替えてはいませんか?

 

新品の革財布に大量の中身をすぐに入れてしまうと、革が伸びてしまって革崩れしてしまいます。

 

特に、カード入れや小銭入れの部分は革が伸びやすいので要注意です。

 

革をならしていくように、少しずつ中身を入れていくようにしましょう。

 

  そして、ブランドの革財布を購入してすぐにしていただきたいお手入れがあります。

 

新品の革財布は油分が少なくダメージを受けやすいです。

 

 まずは、革専用の保革クリームを全体に塗っていただき、革を保護してください。

 

その後、日陰干しで十分に乾かしてから、ムラや液ダレに注意しながら防水スプレーで皮の表面を保護します。

 

また十分に乾燥させてから、やわらかいクロスで磨くように拭いていただくと、革に艶が出ます。

 

 

ブランド革財布の普段のお手入れ

 

 購入時すぐに丁寧にお手入れをしたのであれば、普段のお手入れは、柔らかいクロスで乾拭きするだけでOKです。

 

柔らかいクロスは、綿100%の肌着などのシャツでもいいですし、眼鏡拭きのクロスでも代用ができます。

 

ずっと使用していると、また革の油分が少なくなってきますので、定期的に保革クリームを塗っていただくと品質が長持ちします。

 

 

ルイヴィトンのヴェルニなどのパテントレザーの財布のお手入れ

 

 パテントレザーについた汚れは、デリケートな特殊皮革専用の汚れを落とすクリーナーが市販で販売されています。

 

固形タイプのクリーナーは、消しゴムのように使用して部分的な汚れを落とすことができます。

 

ムースタイプのクリーナーは、全体に付着した汚れを落とすことができ、さらにホコリを付きにくくさせる効果もあります。

 

専用のクリーナーを使用してクリーニングした後は、柔らかいクロスで乾拭きしてくださいね。

 

 

グッチのGGキャンバスなどのキャンバス地の財布のお手入れ

 

 キャンバス地の財布は汚れが付きやすいです。

 

汚れが付いた場合は、繊維の奥に入り込んで汚れを落としてくれるような専用のクリーナーを使用していただき、豚毛ブラシでブラッシングして汚れを落としてください。